お前らのGoogleAdsensが通らないのは根性が足りないからだ

  1. どのように通ったのか?
  2. ページのスタイル丸ごと変える
  3. ポリシー違反に気をつける
  4. とにかく、何回でも申請する




どのように通ったのか?

私がgoogle adsenseに通ったのは本当に突然のことでした。
それまではgoogle adsenseの審査にはおそらく20回以上申請していたのですが、毎回同じ文言で申請を弾かれていました






こんなメールが申請をした二日後ぐらいには届いていて、それが何十回も続いていました。
このメールが来てまず何をするかといえば、まぁ落ち込みます笑
今回も通らなかったのか...と笑

このメールが届くたびに、少しだけ落ち込んでから、
しかしそれでも申請自体が簡単であるので諦めずに申請ボタンを押して再度チャレンジ
adsenseは申請が簡単なのがせめてもの救いですね

この状態が続いたのが約2ヶ月
私がこのウェブサイトを経営し始めたのが2019年の1月6日で
adsenseに興味を持ったのが1月15日ごろでそこから申請を始めています
それまでは全く通る気配がなかったのです。


しかし、今年の2月7日。前触れもなくあのお姉さんがやってきました







その時の自分の様子がこちら

完全に舞い上がっていますね笑

とまぁこのようにしてadsene申請が突然通ったのですが、今回は思い当たる原因を述べていきたいと思います





ページのスタイル丸ごと変える

個人的な感想として、一番原因として大きいのがこのページのスタイルだと思っています

以前の僕は、自分でhtmlとcssを組み立てていました

憧れるサイト(qiitaとかgoogleとか)のhtmlソースを参考にして
たまにコピぺをしてソースの一部を借りたり
それでも思い通りにいかない時には自分でcssの文法を調べて

こんな感じで涙ぐましい努力をしてきました訳です
しかしそれでも個人の努力では限界があり、僕の場合はmobile版とdesktop版での表示のコントロールがどうしてもうまくいきませんでした

ここの「モバイル版で上手くいかない」のがポイントであると考えていて、現在googleではdesktopの表示よりもmobileでの表示を圧倒的に大切にしています
そのため、cssの形がmobile版で崩れてしまうとどうしてもgoogle側は高い評価を下せないのだと思います






ポリシー違反に気をつける

僕の記事は基本的にIT技術(プログラミング中級者用)について述べているページですが

以前の僕はハッキングについて記事を書いていた時期がありました

その時の内容は
  • どのようにwifiのパスワードを盗むのか
  • 自分のブログが攻撃された話
  • ipアドレスからどこからアクセスしているかわかる話
こんな感じです。
しかし、adsenseのポリシーを確認すると、以下の条文が書かれているのがわかると思います
アダルトコンテンツ
家族向けコンテンツに含まれる成人向けのテーマ
危険または中傷的なコンテンツ
危険ドラッグおよび薬物に関連するコンテンツ
アルコールに関連するコンテンツ
タバコに関連するコンテンツ
ギャンブルとゲームに関連するコンテンツ
ヘルスケアに関連するコンテンツ
ハッキング、クラッキングに関連するコンテンツ
報酬プログラムを提供するページ
不適切な表示に関連するコンテンツ
衝撃的なコンテンツ
武器および兵器に関連するコンテンツ
不正行為を助長するコンテンツ
違法なコンテンツ
    

この中の、「ハッキング」に思いっきり引っかかっていたので、記事ごと消去しました





とにかく何度でも申請する

アドセンスの広告は、審査基準はあってもどのようにして審査に引っかかっているかは教えてもらえません
大きな変化が必要かもしれませんが、文字数という小さな変化で突然通ることもあります
僕の場合は、スタイルの変化とポリシー違反の解除の2点が鍵であると思っていますが、それが本当の原因かもわかりません

ですのでgoogleの審査基準に満たすかどうかはやってみないとわからないのです


しかしアドセンスの申請はボタンを押すだけです。


少し審査に引っかかったら、ポリシー違反の可能性のある記事をurlから外したり、cssを少し変えてみたり

そのような試行錯誤を重ねることが、adsense合格への近道であると思います

Client: BlackTie.co - Type: Illustration - Date: January 2014

© Copyrights Stanley. All Rights Reserved

Created with Stanley template by TemplateMag